スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.4 手術前日(いよいよ入院の日)

2007年6月11日

<入院時の持ち物>

スリッパ
洗顔用ヘアバンド
髪縛るゴム
洗顔料
歯ブラシ
歯磨き粉
プラスチックのコップ
スポーツタオル
バスタオル
ハンドタオル
フェースタオル
洗面器
シャンプー
リンス
ボディソープ
ボディー用スポンジ
T字かみそり
下着(傷口をすっぽり覆う大きいパンツが良い)
くつ下
パジャマ
スウェット地パーカー
生命保険診断書
保険証
診察証
印鑑
ふりかけ
T字帯、腹帯(病院の中のお店で買う)
ティッシュ(箱)
コットン
面棒
化粧品

ヘアブラシ
洗濯洗剤
ワイヤーハンガー
S字フック(生乾きのタオルなどをかけた)
スーパーの袋(洗濯物入れ)
テレビ用イヤホン
置時計
文房具(ノートとシャーペン、ボールペン、油性マジック)
携帯充電器
本など…

◇手術前日

10:30
主人とともに、病院に入る。
看護師さんに部屋に案内してもらう。テレビと小さい冷蔵庫をテレビカードで使えるのでとりあえず、1000円のカードを一枚買った。
コインランドリーは婦人科で一台洗濯と乾燥機を使いたい人が名前を記入して順番に使う。シャワーも同じで朝9時から夜8時くらいまで利用できた。手術の朝は必ずシャワーを浴びることになっていて、その日から3日間はシャワーを浴びることは出来なかったが、それ以外は毎日シャワーを浴びた。
午前中に麻酔科の先生のところへ行き、麻酔の説明を受けた。(全身麻酔)
食事は今日の夕飯までで、手術当日は、手術の3時間前まで水かお茶ならOKとのこと。

12:00
昼食
鶏肉のハンバーグ、ひじき煮、ご飯の上にしゃけフレーク、昆布、おしんこが乗った物、水ようかん
冷たいお茶は昼食前に必ず配られた。

14:00
下剤を飲む。炭酸のおいしいとは言えないジュースという感じ。その後、アレルギーがあるか聞かれ、剃毛とおへその汚れをチェックされる。毛を剃られるという行為がストレスになると思い、自分で剃って、おへそもきれいに洗っていたのでOKが出る。体温と血圧を数時間おきに計った。
14:00に飲んだ下剤が17:00頃から効き始め夕飯もままならない状態。

18:00
夕飯
ご飯、サラダ、鯖の塩焼き、さといも煮、ブロッコリー

19:00
シャワーを浴びる

20:00
浣腸
処置室で浣腸され、3分待つよう言われるが、トイレの前で待つといってティッシュをつめられたお尻をパジャマの上から押さえながらトイレまで歩く。すごい恥ずかしい格好だがそんなことは言ってられない。3分待てずに出してしまう。ボタンを押し看護師さんにチェックしてもらう。14:00に下剤を飲んでから手術当日の朝までに12回はトイレに行ったと思う。これにより寝不足となる。普段下痢にはめったにならないので辛い。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。