スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.3 手術前検査

2007年6月1日

◇8回目
手術前検査
まず、自分で身長、体重、血圧を計る。
血液検査:4本くらい採血するのと、耳に針を刺し止血時間を計る。(貧血、血球成分、凝固機能、肝機能、腎機能、輸血に備えた検査、B型肝炎、C型肝炎、梅毒、エイズなどの感染症検査)

尿検査(タンパク、糖、比重など)

生理検査(肺活量などの肺機能検査と心電図検査)
 
レントゲン(胸部と腹部は尿路の検査、造影剤を腕に注射した)

便検査(便潜血)
当日は出なかったので翌日持っていった

支払い:8,350円

2007年6月5日

◇9回目
最後(6回目)のリュープリン注射をする。
手術前検査の結果と手術の説明を受ける。
ヘモグロビンの数値は最初の7.5から13.8にまで改善する。
手術中に静脈血栓症や肺塞栓症(エコノミークラス症候群)にならないようにふくらはぎにマッサージ器をつけることや、必要な持ち物や費用の説明を受ける。
化粧、付け爪、マニキュア、ピアス、ネックレス、指輪はだめとのこと。
手術前と手術中は家族の付き添いが必要。
手術当日に前開きパジャマが必要とあるが、一日90円で借りられるので手術当日と翌日の2日間、借りることにする。入院費用は16万から19万位とのこと。
一日1,365円の費用はかかるが、少人数のほうがいいと思い二人室を希望しておく。
(これは希望しておいて本当によかったと思った)
支払い:11,120円
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。